桧家住宅の総額価格・坪単価やメリットデメリット8つ&お得な2021年キャンペーン情報!
桧家住宅だと、どの位の坪単価で総額価格はいくら位かかるの?
他のメーカーよりローコストだけど、家の性能はどうなの?
桧家住宅の注文住宅で家を建てて、家族全員満足できるのかな…。

お家は一生に一度のお買い物。こういう疑問を抱えて毎日ネットで調べている方も多いと思います。

白戸

こんにちは!最近戸建て住宅の展示場回りが趣味の「いえちば」編集部員、白戸です♪
今回の記事では、ハウスメーカー「桧家住宅」で家を建てる坪単価や総額費用、他と比べたメリットデメリット等を解説いたします!

難しい建築用語などは少なく、初めてお家を建てようと計画を始めた方でも、7分程度読むだけでポイントが分かる様にまとめました。

それでは、ご案内致します!

新築の相談はメーカーでは無く「不動産屋」へ

メーカーの営業担当には「あたりハズレ」が当然あります。一度ハズレの担当者がつくとずっとその人が担当する事に。

だから地域の不動産会社に相談して、良い営業担当の紹介・お得な割引・第三者的な目線での相談を受ける事が大事です。

桧家住宅で家を建てる費用はこの位かかります

費用はこの位

実際に桧家住宅で家を建てると、どの位の坪単価で総額価格はどの位になるのか?
桧家住宅のカタログや、実際に家を建てた方の情報を調べて見ると、平均的には下記のような内訳になります。

坪単価:45~60万前後
建物本体工事費:1600万台~2500万台前後
付帯工事(外構、確認申請など):200~400万前後
総額:1800~3000万前後
※土地代は別途かかります
白戸

桧家住宅の坪単価を他メーカーと比較してみると、高すぎず安すぎず中間クラスの値段設定。
住宅の性能などからみると、コスパが良いのが特徴的です。
次の項目ではもっと掘り下げて、桧家住宅の商品ラインナップ別の坪単価をまとめてみました!

商品ラインアップ別の坪単価

桧家住宅には大きく分けて、「スマートワン」、「スマートワンカスタム」、「Smart2」といった3つの商品ラインナップがあります。
それぞれの特徴や坪単価等は、こんな感じになっています。

スマートワン

スマートワン

※写真引用:https://www.hinokiya.jp/

坪単価:40万前半~50万前半

特徴:桧家住宅の「規格住宅」商品。間取りや仕様は決められた物から選ぶスタイル。
自由度は低くなりますが、その分悩む事なく建築計画を進められます。
価格がシンプルなので、予算が限られるけど…という方でも、予算に合わせて計画しやすいです。
スマートワンカスタム

スマートワンカスタム

※写真引用:https://www.hinokiya.jp/

坪単価:40万後半~60万中盤程度

特徴:スマートワンよりも自由度が高い、定額制のフリーデザインの商品です。
無数にある間取りパターンを、パズルの様に組み合わせて作れます。
3階建てや2世帯にも柔軟に対応可能です。
Smart2

smart2

※写真引用:https://www.hinokiya.jp/

坪単価:50万~60万台

特徴:暮らしやすさをテーマにした、家族の成長や限られた敷地でも有効活用出来る設計の商品。
建築家夫妻が設計を担当しており、おしゃれなデザインと生活しやすい間取りが特徴的。
立地条件に恵まれなくても、建物の配置をズラす事で採光なども充分に取りやすい仕様です。
白戸

こういった様に、大手ハウスメーカーに引けを取らない内容だけど、坪単価が安いのが桧家住宅。
でも「なんで大手と比べて安いのか?」って気になりますよね。
次の項目ではそんな、桧家住宅の家がローコストで安い理由について解説します!

桧家住宅の家がローコストで安い理由

ローコストで安い理由

桧家住宅のお家は、なぜ大手ハウスメーカーよりも安いのか?
それは余計な中間マージンがかからない直接施工と、シンプルな設計プランだからです。

元々桧家住宅は、ハウスメーカーの下請けを行っていた会社。
だから大手の様に、工事を下請けなどの中間業者にマージンがない分、格安なんです。

加えて設計プランも自由度を広げすぎると、当然それだけ会社にも経費がかかります。
桧家住宅は、ニーズが多い設計をパターン化する事で、良い住宅を格安で提供出来るのが理由です。

白戸

安かろう悪かろうではなく、中間マージンがないから格安なんです。
次の項目では、2021年の桧家住宅のキャンペーンについてご案内します!

2021年の桧家住宅のキャンペーン

桧家住宅のキャンペーン

また、これから桧家住宅で検討する方は、ちょっぴりお得なキャンペーンがあります。
2021年1月現在では、展示場に来場すると2000円分のアマゾンギフト券がもらえます。

こういったキャンペーンを上手にもらったり、よい営業担当を付けてもらうためにも、出来れば最初の相談は「地元の不動産屋」に相談するのがおススメです。
下記の関連記事では、「新築で家を建てる時には、不動産会社に相談すべき理由」について分かりやすくまとめましたのでご参考下さい。

【関連記事】
>>新築戸建て住宅は不動産屋に相談すべき5つの理由!千葉県内での建売や注文住宅会社の選び方!

白戸

次の項目ではそんな、桧家住宅の住宅性能や8つの特徴について詳しくまとめましたのでご参考ください。

桧家住宅8つの特徴やメリット

8つの特徴やメリット

桧家住宅はローコストで家を建てられるのはわかったけれど、性能は他メーカーと比べてどうなのか?
結論からいうと、桧家住宅のお家は充分な性能を持つお家です。

そんな桧家住宅の性能や特徴をご案内致します!

1.全館空調の「Z空調」は電気代も格安

Z空調

※写真引用:https://www.hinokiya.jp/

桧家住宅の目玉の一つが、全館空調の快適さ。
家族がいるリビングはもちろん、廊下や洗面所なども夏は涼しく冬が暖かい様、エアコンが全室に行き渡るようになっています。

そうなるとエアコン代が高いんじゃないの?と思いがちですが、実はこれが経済的なんです。
総務省が行った家計調査より、Z空調を使っているご家庭の方が1500円近くも安い計算になります。

総務省家計調査データ:16,469円/月平均
Z空調実測値:14,879円/月平均

電気代を気にしてエアコンを部屋ごとに付けたり消したりしなくてもよく、しかも夏でも冬でもとっても快適。

そんな魅力から、桧家住宅のZ空調は人気になっています。

白戸

全室温度差が少ないので、ヒートショック等のリスクが少ないんです。
結露なども発生し辛くなってるのも魅力的です。

2.耐震性能が高い!優れた基礎構造や壁量計算

耐震性能が高い

これから長くご家族が安心して生活する為に重要なのは、耐震性能が高くて丈夫なのかという所。
桧家住宅の家は、基礎構造や壁量計算を細かく設計しており、各項目の等級は最高等級になっています。

・耐震等級・・・3(最高等級)
・劣化対策等級(長寿命の数値)・・・3(最高等級)
・維持管理対策等級(メンテナンスのしやすさ)・・・3(最高等級)

こういった基準をクリアしているので、何年たっても安心して住めるお家なのが桧家住宅の魅力なんです。

白戸

品質の高いお家だから、もちろん長期優良住宅にも適合しています。
格安でも地震に強く、丈夫なんです。

3.高気密高断熱だから空気がキレイ!「Wバリア工法」

Wバリア工法

※写真引用:https://www.hinokiya.jp/

桧家住宅の売りのひとつは、高気密高断熱だから過ごしやすいこと。
夏は熱気や赤外線を反射し、冬は冷たい空気を遮断する仕様なんです。

隙間風はなく、給気口から換気口までの空気の流れがスムーズ。
だから常に新鮮な空気なうえ、計画的な換気が行えていつでも空気がキレイ。
棟気密試験の結果では、0.7㎠/㎡とかなり優秀な気密性が実証されています。

白戸

断熱や気密効果はもちろん、アクアフォームという吹き付けを行っているので、防虫防蟻も万全なんです。

4.外観はおしゃれ&丈夫!屋根と外壁の性能

豊富なデザイン

※写真引用:https://www.hinokiya.jp/

外観の見た目だって、桧家住宅はこだわり、美しい外壁屋根・バルコニーが用意されています。
外壁はサイディング材で、15パターンのデザインから選べて、汚れや色褪せに強い15年保証のついた素材です。

屋根材はコロニアル・アスファルトシングル・ガルバリウム・陶器瓦が用意されており、好みに合わせて選べます。
軒先のデザインが美しく、他のハウスメーカーには中々見られない形状なのが特徴的。

バルコニーについても、5つのパターンからデザインを選べます。

白戸

見た目と性能を兼ね備えた素材だから、桧家住宅の家はずっとキレイが長持ちする外観なんです。

5.間取りはパレット制でフリーデザイン!3階建てや2世帯などもOK

パレット制

注文住宅を建てる醍醐味としては、やはり自分や家族の生活にあった間取りに出来る事。
桧家住宅は、様々な大きさの四角形を組み合わせて設計する「パレット制」。
だから間取りを考えやすく、自由度の高いデザインにする事が可能なんです。

しかも計画中に「やっぱり間取りを変更したい!」となっても、パレットの面積が同じなら費用は変わりません。
間取り変更に伴い、費用が膨らむリスクもないんです。

もちろん3階建てや2世帯なども、同様にパレット制で組み合わせ自由。
だからご家族が住みやすい間取りを考えやすく、自由に満足する間取りを作り上げる事が出来ます。

白戸

注文住宅を建てる時、頭を悩ます事のひとつが間取りです。
桧家住宅のパレット制は、四角を組み合わせるスタイルだから、悩みこまず楽しみながら間取りを決められます。

6.住宅設備や内装はおしゃれで使いやすい

住みやすさを決める要因として大事なのは、水回り設備や内装デザイン。
内装のデザインは、下記の様に好みに合わせてデザインが可能。

■フレンチカントリー
フランス風の優しくエレガントな、フェミニンスタイルのデザイン

フレンチカントリー

※写真引用:https://www.hinokiya.jp/

■ジャパニーズモダン
無垢材や珪藻土、畳や商事などを取り入れた「和モダン」なデザイン

ジャパニーズモダン

※写真引用:https://www.hinokiya.jp/

■ラグジュアリーモダン
シンプルかつラグジュアリーな雰囲気で、都会のホテルのようなデザイン

ラグジュアリーモダン

※写真引用:https://www.hinokiya.jp/

■アジアンリゾート
エスニックな海辺のリゾートホテルのようなデザイン

アジアンリゾート

※写真引用:https://www.hinokiya.jp/

■スカンジナビアンナチュラル
北欧テイストなデザインで、ライトなカラーで現代的なデザイン

スカンジナビアンナチュラル

※写真引用:https://www.hinokiya.jp/

■カルフォルニアビンテージ
西海岸風の木目を基調としたデザイン

カルフォルニアビンテージ

※写真引用:https://www.hinokiya.jp/

■ニューヨークビンテージ
NYテイストの落ち着いたデザイン。

ニューヨークビンテージ

※写真引用:https://www.hinokiya.jp/

各水回りは下記の様に、部位ごとに技術力が高いメーカーの設備が選べる様になっています。

・キッチン:永代産業「ビヴァリオ」、クリナップ「ステディア」
・システムバス、トイレ、洗面台:LIXIL製新築用設備
白戸

内装デザインはおしゃれで、水回り設備はプロからみても「使いやすい良いものを選んだな~」というラインナップです。

7.小屋裏収納や青空リビングなど特別感が高い仕様

小屋裏収納

※写真引用:https://www.hinokiya.jp/

桧家住宅の家には小屋裏収納が用意されていて、子供のプレイルームにしたり、物置にしたりと使い勝手が自由。
ハシゴではなく、固定階段だからお子さんでも安全で、重い物でも小屋裏収納にしまえます。

また青空リビングというスペースも魅力的で、半屋上のエリアで家族が寛げるスペースが出来るというおしゃれなスタイル。
こういう特別なポイントも「ヒノキヤ」の魅力ですね。

白戸

高断熱住宅だからこそ、小屋裏に収納を設けられるんです。
青空リビングは、自宅の中でピクニック感覚を味わえて人気です。

8.桧家住宅のアフターサービスや保証

アフターサービス

※写真引用:https://www.hinokiya.jp/
家を建てる時に、一番心配なのはメンテナンスや保証の部分。
桧家住宅では部位ごとに、保証やアフターメンテナンスを設けています。

基礎や構造、雨漏り・・・引き渡しより最長30年保証
水回り設備など・・・最長10年の延長保証(修理回数無制限)

この他にも、住まいのコンシェルジュデスクという、365日お家の不具合に対応してくれるサービスが用意されています。

白戸

この他にも、家を建ててからの定期点検が10年以内に4回、その後は5年ごとに点検を行ってくれます。

こういった様に、桧家住宅は多くの魅力が有るハウスメーカーです。
ハウスメーカーが気に入っても、先に相談するのは住みたい地域の不動産会社に相談するのが実はいいんです。
理由は「ハズレの担当者に当たらない」、「土地選びの選択肢が増える」、「第三者としての意見がもらえる」から。

下記にはそんな、注文住宅で家を建てる時に参考にしたいポイントをまとめましたのでご参考ください。

【関連記事】
>>新築戸建て住宅は不動産屋に相談すべき5つの理由!千葉県内での建売や注文住宅会社の選び方!

桧家住宅で家を建てた人の口コミ・評判を確認してみると…

色々調べてみても、やっぱり知りたいのは「桧家住宅で家を建てた人の口コミ・評判」です。
下記には実際に桧家住宅で家を建てた方の、生の声をまとめてみました。

この投稿をInstagramで見る

 

えま(@ema__ris.home)がシェアした投稿

白戸

こういった様に、桧家住宅で家を建てた方の満足度は結構高め。
でも良い所だけではなく、デメリットについてもしっかり把握してください。
次の項目では、桧家住宅のデメリットについて詳しく解説致します。

桧家で注文住宅を建てる「デメリット」も知ろう

よい所はたくさんありますが、実際にデメリットや悪い点についても知っておく必要があります。

悪い点

・担当者が他社の悪口ばかり・・・
・東京の建築現場を見ましたが、耐力壁の釘が強く打ちすぎて半分以上めり込んでいました。構造がいいと聞いていたので残念です。
・初対面なのに営業の女の人が友達言葉だった。モデルハウスなのに仕様も安っぽく、接着剤のような臭いがして具合が悪くなりそうだった。
引用:https://realestate.yahoo.co.jp/knowledge/chiebukuro/detail/1248289232/

結局の所桧家住宅も大きい会社なので、営業担当者の方によって、当たり外れが有るんです。
だからこそ、まずは地域での情報を持つ不動産会社に相談して、良い営業担当を付けてもらう事が大事。

下記のボタンをタップすると、千葉県内の新築で、相談するのにおススメな不動会社を地域ごとに確認できます。

こういう所に相談して、良い営業担当の紹介・お得な割引・第三者的な目線での相談を受けてくださいね。

桧家住宅で契約するまでの流れ

契約するまでの流れ

桧家住宅で家を建てるまでの流れは、ちょっと他のメーカーとは変わっています。

ベストプランへ申し込み→不動産屋と土地探し→見積り&プランを確認→値引き&契約

といった流れです。
ここからはそんな、桧家住宅で家を建てる流れについて詳しくご案内します!

ベストプラン制度へ申し込んで計画開始

ベストプラン制度

桧家住宅で家を建てたい!そう思ったら「ベストプラン」と言うものに申し込みをする所から始めます。
このベストプランは、申し込み金額(預かり金)として1万円を支払い、敷地調査や法令関係調査をしてもらい、その後図面やデザイン案、見積り書などの提案をしてもらえる制度です。

調査などには一般的に高額な費用がかかりますが、ベストプランなら1万円ぽっきり。
加えてもし桧家住宅で家を建ててもらえる事になったら、その1万円は印紙代などにあてがってもらえるので実質お金はかかりません。

白戸

まずはしっかりプランニングしてもらう為に、このベストプランに申し込む必要があります。
お金が発生している以上は、本気で見積りやプランニングを作り込んでくれます。

不動産屋と土地探し

売地

ベストプランに申し込んだら、実際に家を建てる土地も探さなくてはいけません。

地元の不動産会社等に相談して、あなたが住みたいエリアや条件から、建てる土地を選びます。

気に入った土地が見つかったら、不動産会社に桧家住宅と連携を取ってもらい、プランニングや建築コストの見積りを進めてもらいます。

白戸

実は最も苦労するのが、この土地探しの項目です。
住みたい地域で、土地の情報量や非公開物件を多く持つ不動産会社に相談しましょう。

概算見積り価格やプラン内容を見て値引き交渉!

値引き交渉

土地探しに目星がついたら、プランや見積りを提出してもらいます。
ここからプランを営業担当と練り込んで、最終的な金額を決定。
桧家住宅で注文住宅を建てる場合、値引きが出来る事が多いです。

どの程度かというと、最大10%前後は見込めます。(もちろん元々格安で出されている場合には、値引き幅は見込めません)
プランや金額に折り合いがつけば、契約して工事の段取りに入ります。

白戸

ほとんどの場合には、こういう感じで進んでいきます。
後悔しない様に、しっかり計画してゆきましょう。

桧家住宅の実例が見れる千葉県内の展示場・対応エリア

桧家住宅の対応エリアとしては、基本的に千葉県内においては全域対応してもらえます。
実例なども展示場で確認する事ができ、下記の14拠点で内覧が行えます。

一度展示場で担当者がついてしまうと、その人が基本営業担当になります。
なので事前に地元の不動産屋に相談して、展示場予約も不動産会社にしてもらう事がおススメ。

展示場での対応が違う上、ハズレのない担当者が営業担当になってくれます。

青葉の森展示場

住所:千葉市中央区青葉町1249-1
電話:043-208-5300
定休日:火・水曜日
千葉北展示場

住所:千葉市稲毛区園生町386-1
電話:043-290-1170
定休日:火・水曜日
成田展示場

住所:成田市寺台9-3
電話:0476-20-2351
定休日:火・水曜日
千葉ニュータウン展示場

住所:印西市牧の原6丁目1-3
電話:0476-48-8280
定休日:火・水曜日
幕張B展示場

住所:千葉市花見川区幕張町5-417-7
電話:043-301-6637
定休日:火・水曜日
茂原展示場

住所:茂原市高師1746-3
電話:0475-27-8320
定休日:火・水曜日
市原展示場

住所:市原市更級1-6-9
電話:0436-26-9010
定休日:火・水曜日
船橋展示場

住所:船橋市夏見1-3
電話:047-422-3000
定休日:火・水曜日
かしわ沼南展示場

住所:柏市大島田2丁目2-1
電話:04-7193-1261
定休日:火・水曜日
旭展示場

住所:旭市イ2071-6
電話:0479-74-8725
定休日:火・水曜日
松戸北展示場

住所:松戸市八ヶ崎825-1
電話:047-347-6901
定休日:火・水曜日
流山おおたかの森展示場

住所:流山市おおたかの森西1-16-2
電話:04-7157-8577
定休日:火・水曜日
柏の葉展示場

住所:柏市新十余二15-2
電話:04-7137-5530
定休日:火・水曜日
木更津展示場

住所:木更津市貝渕3-13-49
電話:0438-20-8113
定休日:火・水曜日
白戸

こういった様に、千葉県内では多くの展示場を桧家住宅は用意しています。
実例が見たい方は、是非利用してみてください。

桧家住宅で注文住宅を建てる費用まとめ

まとめ

いかがでしたでしょうか?
桧家住宅で家を建てる費用や、特徴やポイントをまとめると・・・

・坪単価は45~60万、総額1800~3000万前後
・選ぶ商品によって単価は変わる
・断熱性やZ空調が住みやすい空気を作る
・耐震性は最高等級で丈夫
・屋根や外壁はおしゃれなものを選べる
・間取りはパレット制で計画しやすい
・内装はおしゃれな7パターンから選べる
・水まわり設備は使いやすい物ばかり
・アフターサービスや保証も充実
・まずは建てたい地域の不動産屋に相談する

こういった様に、桧家住宅で注文住宅を建築するなら、まずは家を建てたいエリアの不動産会社に相談するのが大事です。

下記のボタンをタップすると、千葉県内で新築を建てる時、相談すべきおススメ不動産会社を地域ごとに確認できます。

こういう所に相談して、良い営業担当の紹介・お得な割引・第三者的な目線での相談を受けてくださいね。